【日本化粧品検定】1級からいきなり受けてOK!独学で合格した体験記

美容の勉強

【日本化粧品検定】1級からいきなり受験OK!独学で合格した体験記

※2021年12月07日更新

乙女ちゃん。
化粧品検定っていきなり1級から受けても大丈夫なのかな。それとも、2級を取ってからじゃないと受験できない?

 

日本化粧品検定は、特別な受験資格は不要で、2・3級を飛ばして1級から受験もできます

 

筆者は、肌荒れに悩むまでは美容に全く興味がなく、ほぼ美容知識ゼロの状態から勉強スタート。

 

その後1級のみ受験し、一発合格をいただくことができました!

 

日本化粧品検定1級合格証

 

この記事の内容

1級にチャレンジしたきっかけ【実体験】

試験を受け終えてみて感じたこと

1級から受験をおすすめする理由

難易度・合格率

勉強方法・勉強した時間

 

今回は自身の体験談をもとに、日本化粧品検定1級を受けてみた感想をどこよりも分かりやすく解説。

 

読んでいただくことで、不安を少しでも解消できたらなと思います。

 

ゆっさん。
一発合格もそこまで難しくないよ!参考にしてみてね◎

 

 

日本化粧品検定|1級からいきなりチャレンジしたきっかけ

日本化粧品検定|1級からいきなりチャレンジしたきっかけ

 

日本化粧品検定には、受験資格はなく、男女年齢問わず誰でも受験OK。

 

ゆっさん。
美容関連の仕事に就いていなくたって、試験に申し込んでもいいのです!

 

そんな中で、筆者がいきなり1級を挑戦しようと思ったのは以下3つの理由。

 

①自分の肌悩みを解決したい

②美容ブログを運営したい

受験料を安く抑えたい

 

それぞれの理由をお話させてください。

 

①自分の肌悩みを解決したい

 

1つ目の理由は、20代半ばになってニキビ肌荒れに悩んだのがきっかけです。

 

不適切なスキンケア・ストレスなどが原因で、少しずつ肌が荒れニキビもできやすくなりました。※慢性的なニキビなど、悪化した場合は皮膚科への受診をおすすめします。

 

ゆっさん。
悩みを解消したくて調べてみたけど、どの情報を信じていいのか分からず…。

 

自分自身が正しい知識を持っていないと、適切なスキンケア・対処方法までたどり着けないことに気づきました。

 

化粧品を成分まで理解できれば、肌悩みに添ったスキンケアも自信をもって選べるし、怪しい情報にも流されなくなるのではないか…?

 

そう考え、肌や化粧品の専門知識が学べる、日本化粧品検定1級にたどり着きました。

 

②美容ブログを運営したい

 

2つ目の理由は、美容ブログ(当ブログ)を運営したいと考えていたからです。

 

自分の肌悩みのこともあって、美容関連のブログを運営していこうと考えていましたが、専門知識があるとないでは全く印象が異なります。

 

ゆっさん。
せっかく読んでいただいている方に、不確かな情報を伝えていたら、失礼すぎる…。

 

当ブログを安心して利用していただくためにも、しっかり勉強して1級の資格を取りたいと思いました。

 

③受験料を安く抑えたい

 

日本化粧品検定は1級・2級両方受けることができますが、その分受験料も高くなります。

 

各受験料

  • 1級:¥13,200円(税込)
  • 2級:¥6,600円(税込)
  • 3級:無料※WEB試験

 

ゆっさん。
1・2級受けての2万円は大きいな…

 

リスクを承知の上で、なるべく安く抑えるために2級は受けないことに決めました。

 

日本化粧品検定|1級を受け終えて感じたこと

日本化粧品検定|1級を受け終えて感じたこと

 

筆者が受験したのは、第15回試験(2020年11月29日)。

 

1級の試験を終えて感じたことは、

 

  • 10問くらい難問
  • 見直す時間がほとんどなかった

 

この2つ

 

全60問あるうち、10問近くはひねりを2度きかせたくらいの応用問題で、全く手が出ませんでした。

 

ゆっさん。
とりあえずマークしとこ!(神頼み)

 

※あとの50問近くは、勉強していれば取れる問題が多い印象。

 

ようやく全て回答し終え、さあ!見直そうと思ったら残り5分…。

 

ゆっさん。
え?ご、5分?!(混乱)

 

緊張からか時間配分をミスってしまい、思うように見直しができず。

 

1年経った今でも鮮明に覚えていますが、落ちたとも受かったとも言えない微妙なラインで、合否発表までずっとソワソワしてました。

 

日本化粧品検定は、試験後に問題用紙も回収されるため、あらかじめ答え合わせ点数を出すことができません。

 

ゆっさん。
でも、やれることはやったし!もういいんだー!!(開き直り)

 

それから1カ月ほどたったクリスマスの翌日、合格通知のお知らせが到着。

 

ゆっさん。
ああああサンタさんありがとう!!!(号泣)

 

安心と嬉しさで、涙したのは内緒です…。

 

日本化粧品検定|1級から受験をおすすめする理由

日本化粧品検定|1級から受験をおすすめする理由

 

日本化粧品検定の受験を体験した筆者が、1級から受験をおすすめする理由は以下3つ

 

①受験料が安くなる

②1級のみのであれば拘束時間が短い

③勉強すればそこまで難しくはない

 

1つ目は1級からチャレンジしたきっかけでもお話した通り、受験料が安く済みます

 

1・2級両方受ける併願受験した場合、受験料は2万近くかかって高いですし、最終的に1級が目標であるなら、最初から挑戦した方が安く抑えられます。

 

リスクもありますが、「絶対に落ちたくない!」と自分を奮い立たせる働きかけにもなったので、結果的に良かったなあと思いました。

 

ゆっさん。
覚悟を決めたら、勉強に自然と身が入った!

 

2つ目は、1級のみの受験であれば拘束時間は短くて済みます

 

※およそ3時間(試験時間と待機時間含む)

 

もし1級と2級を併願受験した場合、同じ日に開催されるため(午前の部・午後の部)、ほぼ1日かけて試験を行う体力勝負になります。

 

また、集中力も持続させる必要があるため、筆者と同じく短時間で勝負したい方は、併願はあまりおすすめしません。

 

ゆっさん。
受験したらすぐおうちに帰りたい!

 

3つ目は、勉強すれば1発合格も難しくありません。

 

次の項目でも難易度を紹介しますが、1級の合格率の基準は正答率70%前後

 

全60問あるうち、42問以上正解していれば合格。(※合格基準が70%で計算した場合)

 

実際に受験してみて、10問近くは応用問題で太刀打ちできなかったのですが、残りの50問は対策テキストに書いてあることを問うのが多かった印象。

 

ゆっさん。
1級だけ受けるリスクを踏まえてたとしても、準備して向かえば合格もそう難しくはないかなと◎

 

 

日本化粧品検定|難易度・合格率

日本化粧品検定|難易度・合格率

 

【受験形式】

筆記試験のマークシート方式(全60問)

【合格率】

  • 1級:72.1%
  • 2級:73.2%

※第16回(2021年6月)より

※合格基準は、正答率70%前後(問題の難易度によって、多少変動。)

 

問題数は全部で60問、マークシートを塗りつぶして回答。

 

直近の合格率を見ると、1級でも7割を超えてきています。

 

ゆっさん。
筆者が受けた当時、1級の合格率は6割~7割。「勉強すればわたしでも取れる!」と思えたよ◎

 

ちなみに、1級の問題範囲はこちら。

 

1級の問題範囲

  • 化粧品の歴史
  • 化粧品の中身(成分など)
  • ボディ/ヘア/ネイル/香り/オーラルケアなど
  • 化粧品に関する法律・規則
  • 一部2級・3級を含む

 

化粧品の歴史から法律まで、まんべんなく出題されます。

 

ゆっさん。
2・3級の範囲も出るよ!

 

合格率が高いとはいえ、出題範囲も広く、準備しておくことが必要

 

最後に、筆者が行った勉強方法についても紹介していきます。

 

日本化粧品検定|1級合格のための勉強方法・勉強した時間

日本化粧品検定|1級合格のための勉強方法・勉強した時間

*勉強方法

 

勉強方法は、とにかく対策テキスト問題集の往復です。

 

対策テキスト:美容の教科書。試験範囲はここから出題。

問題集:練習問題。試験と同じ4択問題【解説付き】

 

実は、日本化粧品検定では過去に出した試験問題(いわゆる過去問)は、明らかにしていません。

 

そのため、筆者のように独学で試験対策をするならば、対策テキストと練習問題をひたすら繰り返していく方法が一番合格に近づけます。

 

【日本化粧品検定】対策テキスト・問題集

対策テキスト・問題集

 

ただ、やみくもに繰り返すだけではかなり時間がかかる上、内容が頭に入らないまま試験日を迎えてしまうことも…。

 

筆者が実際に行った勉強の進め方では、美容知識の定着勉強効率が格段にアップし、無事1級に合格することができました。

 

詳しくは以下で説明しています。

 

【日本化粧品検定】1級の過去問がない?合格までの対策を徹底まとめ>>

 

ゆっさん。
問題集は日本化粧品検定協会の公式サイトから、対策テキストは以下からもチェックできるよ!

 

1級の対策テキスト

 

2級の対策テキスト

*勉強時間

 

  • 【勉強期間】:2か月
  • 【1日勉強時間】:平均2時間

 

本腰を入れて勉強を始めたのが、試験の2カ月ほど前

 

勉強時間は、1日平均2時間と無理なく継続できる、丁度良い時間だったなあと思います。

 

特に1級の試験範囲でもある「化粧品の成分」は、覚えるのに一苦労…時間がかかりました。

 

ゆっさん。
10代の頃の脳みそが欲しい…!

 

1カ月切ってから試験対策を始める方もいらっしゃいますが、覚えることも沢山あります。

 

余裕をもって勉強を始めておくと、試験本番でも慌てずに挑めますよ◎

 

日本化粧品検定|1級からチャレンジOK。一発合格も夢じゃない!:まとめ

日本化粧品検定|1級からチャレンジOK。一発合格も夢じゃない!:まとめ

 

日本化粧品検定に合格して1年経ちますが、1級から挑戦してよかったなと思います。

 

元々要領はよくないですし、ちゃんとした美容知識もない状態から勉強を始めたので、いきなり1級を受けるのに不安はありました。

 

でも、テキストに目を通していたら肌のことや化粧品のことが少しずつ分かるようになり、「わたしも頑張れば合格できるのでは・・・?」と思えたのです。

 

ゆっさん。
対策テキストはイラストも多く、美容に詳しくない初心者にも分かりやすく書いてあるよ◎

 

まだ受けるか迷われている方も、とりあえず対策テキストだけ読んでみて、それから考えてもいいかもしれませんね。

 

1級はこちら◎

2級はこちら◎

 

次の開催日は、2022年5月22日(日)申し込み期限は、2022年2月1日(火)~4月8日(金)です。

 

試験対策はこちら◎

【日本化粧品検定】1級の過去問がない?合格までの対策を徹底まとめ
【日本化粧品検定】1級の過去問がない?合格までの対策を徹底まとめ

続きを見る

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

ゆっさん。
心より応援しています!!

-美容の勉強
-

Copyright © , All Rights Reserved.