オルビス「アクアフォースとクリアを徹底比較!」|損しないための購入方法も解説

ニキビ対策アイテム

オルビス「アクアフォースとクリアを徹底比較!」|損しないための購入方法も解説

 

オルビスのスキンケアでは、人気シリーズアクアフォースクリアがあり、ニキビ予防や乾燥予防を求めている方はどちらを選ぶか迷う方も多いのでは?

 

アクアフォースとクリア

 

オルビス公式では、乾燥対策にはアクアフォースニキビ対策にはクリアと紹介。

 

一方で、どちらも保湿成分に力を入れているため、使用感がどれほど違うのか気になるところです。

 

乙女ちゃん。
ニキビケアもしたいけど、保湿ケアも十分したい・・・!

 

そこで今回は、オルビスのアクアフォースのしっとり(M)クリアのしっとり(M)について、どちらも実際に使ったわたしから、2つの特徴を徹底比較。

 

こんなお悩みを解決

  • どちらを選ぼうか悩んでいる
  • 価格・成分・使用感の違いは?
  • お得に試す方法は?

 

アクアフォースとクリアのどちらを選べばよいか迷われている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


 

▼読みたいところからどうぞ◎▼
 

オルビス アクアフォースとクリアシリーズ 種類比較

オルビス アクアフォースとクリアシリーズ 種類比較

 

まずは、アクアフォースとクリアシリーズの種類を比較した結果からお伝えします。

 

種類比較の結果

 

アクアフォースとクリアの種類は以下の表の通り。

 

アクアフォース クリア
洗顔料

(120g)

化粧水

(180ml)

さっぱりL・しっとりM

さっぱりL・しっとりM

保湿液

(50ml)

さっぱりL・しっとりM

さっぱりL・しっとりM

部分ケア

(20g)

サプリメント

(60粒)

※オルビス公式より参照(2020年10月時点)

 

共通している部分は、スキンケアの基本である洗顔化粧水保湿液の内容量が同じ。

 

また、化粧水と保湿液は、肌のタイプに合わせてさっぱり(L)しっとり(M)の2つから選べます。

 

ゆっさん。
L・Mタイプについては、後ほど説明しますね◎

 

異なる点は、クリアシリーズのニキビ対策アイテムが豊富なところ

 

基本のスキンケア3点のほかに、部分ケア飲むサプリメントの2種類あります。

 

薬用ニキビ対策というだけあって、ニキビ予防に徹底している印象を受けますね◎

 

オルビスクリアの口コミ

 

また、アクアフォースもクリアも、オルビス通販を初めて利用する方限定で、じっくり試せるトライアルセットが用意されています。

 

 

ゆっさん。
アクアフォースとクリアが一体どんなスキンケアなのか、個別に紹介◎

 

アクアフォース

※オルビス通販より参照

 

シリーズ累計4040万本突破のアクアフォースは、”角層にうるおいを与え、毎日調子のよい肌に導く”スキンケア。

 

乾燥肌・インナードライ肌で悩む方に、うるおう3つのポイント、浸透力・保湿力・維持力でしっかり対応します。

※インナードライ:皮脂で肌がテカテカするのに内側は乾燥する

 

アクアフォース種類

種類 内容量
洗顔料 アクアフォース マイルドウォッシュ 120g
化粧水 アクアフォース ローション LまたはM 180ml
保湿液 アクアフォース モイスチャー LまたはM 50ml

※オルビス通販より参照

化粧水保湿液は肌タイプに合わせてさっぱり(L)としっとり(M)の2種類から選べます。

 

アクアフォースLまたはM

※オルビス通販より参照

オルビス公式のおすすめは、

  • 脂性肌~普通肌:さっぱりLの化粧水・保湿液
  • 普通肌~乾燥肌:しっとりMの化粧水・保湿液

 

ちなみに、自分の肌タイプがよく分からないという方は、オルビス スキンチェックにて現在の肌状態をチェックできます。

 

簡単3分のセルフスキンチェック≫

 

また、肌診断をした方は、必ずオルビスのお試しサンプルが無料で貰えるので、キャンペーン終了前にゲットしましょう◎

 

詳しくはオルビス スキンケアお試しサンプルが誰でも無料で貰える!|3分の肌チェックでGETせよ≫で紹介しています。

 

話しを戻すと、自分の肌悩みに添って2タイプから選べるので、スキンケアのミスマッチをなるべく回避できますね

 

クリアシリーズ

※オルビス通販より参照

 

シリーズ累計4700万本突破のクリアは、”肌のバリア機能を整え、繰り返しできるニキビを防ぐ”スキンケア。

 

繰り返すニキビで悩む方に、3つの和漢植物高保湿成分で、ニキビ予防はもちろん保湿にも対応します。

 

種類 内容量
洗顔料 クリア ウォッシュ 120g
化粧水 クリア ローションLまたはM 180ml
保湿液 クリア モイスチャーLまたはM 50ml
部分ケア クリア アクネスポッツ 20g
サプリ クリア インナーコンディション 60粒

※オルビス通販より参照

 

クリアシリーズの化粧水保湿液も、肌タイプに合わせてさっぱり(L)としっとり(M)の2種類から選べます。

 

肌タイプで選ぶしっとりとさっぱり※オルビス通販より参照

オルビス公式のおすすめは、

  • 超脂性肌~普通肌:さっぱりL化粧水・保湿液
  • 普通肌~乾燥肌:しっとりMの化粧水・保湿液

 

こちらは、超脂性肌の方にもしっかり対応しているので、皮脂で顔がテカる方にもおすすめ。

 

クリアシリーズのL・Mの選び方について、オルビスクリア「しっとり・さっぱりどっちを選ぶべき?」違いを使い比べて徹底比較≫で詳しく紹介しています。

 

他のニキビ対策スキンケアの中でもかなり評価されており、オルビスクリア=ニキビ対策ならコレ!というイメージが個人的には強いですね。

 

実際に、わたしも生理前になるとニキビで肌荒れに悩んでいたので、オルビスクリアを使っています。

 

繰り返すニキビ効果はいかに?!オルビスクリアお試しセットを使った【徹底口コミ】

 



オルビス アクアフォースとクリアシリーズの価格の比較

オルビス アクアフォースとクリアシリーズの価格の比較

 

続いて、アクアフォースとクリアシリーズの価格を比較した結果をお伝えします。

 

スキンケアの基本である洗顔料化粧水保湿液の価格をまとめました。

 

アクアフォース クリア
洗顔料 1,430円(税込) 1,430円(税込)
化粧水 1,650円(税込) 1,650円(税込)
保湿液 1,870円(税込) 1,870円(税込)

 

価格はどちらも同じ。

前の項目で触れた内容量も全く同じなので、価格・内容量ともに差はありません

 

オルビス アクアフォースとクリアシリーズの成分・使用感の比較

オルビス アクアフォースとクリアシリーズの成分・使用感の比較

 

ここから、本題のアクアフォースとクリアシリーズの成分使用感を比べてきます。

 

比較したのは、洗顔料化粧水保湿液の3つ。

アクアフォースとクリアの化粧水・保湿液は、どちらもしっとりMで使用感を比べました。

 

ゆっさん。
まずは、洗顔料の成分と使用感の比較結果から◎

 

洗顔料

洗顔料の比較結果

 

洗顔料の主な成分を比較したところ、大きな違いはありませんでした。

 

成分比較の結果

アクアフォース クリア
無油分(オイルカット)
無香料
無着色
アルコールフリー
洗浄成分 アミノ酸系洗浄成分 アミノ酸系洗浄成分
有効成分 グリチルリチン酸2K

(グリチルリチン酸ジカリウム)

グリチルリチン酸2K

(グリチルリチン酸ジカリウム)

 

成分からいえることは、どちらも低刺激で肌に優しい洗顔料ということ。

 

実は、ニキビの炎症・赤みを抑えてくれるグリチルリチン酸2Kもアクアフォースに配合されているため、ニキビ対策にも対応しています◎

 

乙女ちゃん。
実はアクアフォースの洗顔料でも、ニキビ予防のための成分が入ってたんだね!

 

では、洗顔料の使用感をまとめます。

 

実際に洗顔料を使い比べてみて、洗いあがりに違いがありました。

 

使用感比較の結果

アクアフォース クリア
泡立の量
泡の質感 硬めでもっちり やや硬めでもっちり
洗顔中 泡で洗える 泡で洗える
毛穴の汚れ落ち度
洗いあがり しっとり さっぱり
異なる点 洗顔後はしっとり 洗顔後はすっきり

(清涼剤:メンソールの影響)

 

洗顔料の共通点は、どちらも泡立てて使うタイプ。

 

泡立てた泡は、どちらも申し分ないほどもっちり濃密泡で、全くヘタらず優しく顔を洗えます。

 

そのおかげで、洗いあがりも肌のつっぱりは気になりませんでした。

 

ゆっさん。
泡で肌を洗えるから、肌傷つけるゴシゴシ洗いも防止できます◎

 

異なる点は、アクアフォースは洗いあがりがしっとり、クリアはさっぱりなところ。

 

特にクリアにはスッキリ爽快感が出るメンソールが入っているので、この差を感じます。

 

また、毛穴汚れの落ち具合は、クリアの方が良かったなあと個人的に思いました。

 

ゆっさん。
洗浄力含め、優しく洗い上げてくれるのはアクアフォース、毛穴汚れも落としてさっぱり洗い上げるのはクリア◎

 

アクアフォース マイルドウォッシュ

※オルビス通販より参照

特徴的な成分

  • うるおいマグネットAQ配合:肌とうるおいを引き寄せてつなぐ保湿成分
  • グリチルリチン酸ジカリウム配合:肌をすこやかに整える成分(ニキビの炎症・赤みも抑える
  • アミノ酸系洗浄成分:肌をやさしく洗う成分

 

アクアフォース マイルドウォッシュには、うるおいマグネットAQ(糖脂質)で肌の保湿もしっかりサポート。

 

ニキビ予防もしつつ、低刺激なので乾燥肌でも優しく洗顔できそうです◎

 

【全成分表示】水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール、BG、デシルグルコシド、糖脂質グリチルリチン酸2K、ローズマリーエキス、ラウリン酸ポリグリセリル-10、PCAイソステアリン酸グリセレス-25、ポリクオタニウム-7、セルロースガム

 

アクアフォース 洗顔 泡立て前

泡立て前

 

アクアフォース マイルドウォッシュ

泡立て後

 

使用感のポイント

  • 全くヘタらないもっちり濃密泡
  • 摩擦で肌を傷めつけない
  • 洗いあがりはしっとり
  • 毛穴汚れ落としには物足りない(かも)

 

乙女ちゃん。
乾燥による敏感肌でも、優しく洗い上げてくれそうだね!

 

クリア ウォッシュ

※オルビス通販より参照

特徴的な成分

  • グリチルリチン酸ジカリウム:ニキビ・肌荒れ防止薬用成分
  • 紫根エキス:肌コンディションを整える整肌成分
  • 浸透型コラーゲン:肌にうるおい・ハリを与える保湿成分
  • ハトムギエキス配合:植物性保湿成分
  • バウンドリッチ処方:弾力泡をつくる処方
  • アミノ酸系洗浄成分配合:肌をすこやかに洗う成分

 

クリアウォッシュは、3つの和漢植物、甘草由来紫根ハトムギのエキスでニキビ予防を徹底。※化粧水・保湿液にも配合。

 

また、浸透型コラーゲンの保湿成分が含まれているため、うるおいを残して洗顔後のつっぱりを回避できそうです◎

 

【有効成分】グリチルリチン酸2K 【その他の成分】水、ステアリン酸、グリセリン、ラウリン酸、水酸化K、パルミチン酸、ミリスチン酸、アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミドコーポリマー液、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、BG、リン酸2Na、シコニン、ヨクイニンエキス、コラーゲン・トリペプチド F、PEG(20)、PCAイソステアリン酸POEグリセリル、POEヤシ油脂肪酸グリセリル、メントール、ポリオキシブチレンポリグリセリンステアリルエーテル、カルボキシメチルセルロースNa

 

オルビス クリアウォッシュ 1センチ

泡立て前

 

オルビスクリアウォッシュ 泡

泡立て完成

使用感のポイント

  • 全くヘタらないもっちり濃密泡
  • 摩擦で肌を傷めつけない
  • 洗いあがりはさっぱり
  • 毛穴汚れも落ちやすい(かも)

 

乙女ちゃん。
クリアの洗顔は、スッキリ気持ちよさそうだね!

 

化粧水

化粧水の比較結果

 

化粧水の主な成分を比較したところ、大きな違いは保湿成分アルコール成分の有無でした。

 

成分比較の結果

アクアフォース クリア
無油分(オイルカット)
無香料
無着色
アルコールフリー
  • さっぱり(L)はアルコール含む
  • しっとり(M)はアルコールフリー
界面活性剤 不使用 不使用
保湿成分
  • うるおいマグネットAQ(水分保持)
  • ピュアアクアエッセンス(角層を整える)
  • 浸透型コラーゲン(ハリを与える)
  • ハトムギエキス

 

成分の共通点は、どちらも皮膚刺激の原因となりうる界面活性剤を使用していないこと。

 

界面活性剤は、化粧品を肌に馴染ませる効果がある。その一方で、作用が強すぎると、人によっては肌への刺激に繋がる場合もあるので、敏感肌な方は特に注意が必要。

 

異なる点は、アクアフォースの方が、乱れた角層の隙間に着目し、うるおいを整えて水分量アップの期待ができること。

 

一方、クリアは、ニキビの炎症を抑えてニキビ予防するとともに、肌にハリを与える保湿成分でケアできます。

 

また、アクアフォースでは、しっとりのみアルコール不使用。※クリアの化粧水はL・Mどちらも入っています。

 

タイプによっては清涼感殺菌作用のあるアルコールが含まれているため、アルコールで肌に影響を受けやすい方は注意しましょう!

 

乙女ちゃん。
成分でみても、保湿に特化しているのは、アクアフォースニキビ予防に特化しているのはクリアという感じ◎

 

では、化粧水の使用感をまとめます。

 

実際に、化粧水を使い比べてみましたが、肌につけた後が違いました。

 

使用感比較の結果

アクアフォース クリア
テスクチャ―(質感) さらさら さらさら
肌につけた後 ベタつきなし ベタつきなし
肌のうるおい
使用量
異なる点 肌につけた後はしっとり感 肌につけた後はさっぱり感

 

化粧水の共通点は、どちらもサラッとした水に近いタイプ

 

肌への浸透があっという間で、化粧水のつけ心地はどちらもベタつき一切なし

 

ゆっさん。
化粧水の使用感は、どちらも軽くて使いやすかったです◎

 

異なる点は、肌につけ後に触れた感じ。

 

アクアフォースの方はしっとり、クリアはさっぱりとつけられます。

 

保湿成分の影響もあるのか、アクアフォースはしっとり感が残りました。

 

クリアは、蒸発すると熱を奪うアルコールのおかげで、さっぱり感が強いです。

 

ゆっさん。
保湿力で比べるなら、アクアフォース!

 

アクアフォース ローション しっとりM

※オルビス通販より参照

特徴的な成分

  • うるおいマグネットAQ配合=肌とうるおいを引き寄せてつなぐ保湿成分
  • ピュアアクアエッセンス配合=角層をすこやかに保つ保湿成分
  • グリチルリチン酸ジカリウム配合=肌をすこやかに整える成分(ニキビの炎症・赤みも抑える
  • うるおいプール処方

 

 

アクアフォース ローションは、角層までうるおう保湿成分と水分保持処方で、乾燥対策を徹底◎

 

また、しっとり(M)のみアルコール不使用のため、乾燥で敏感になっている肌にも低刺激でおすすめです。

 

しっとりタイプ(M)

【全成分表示】水、BG、グリセリン、DPG、ソルビトール、糖脂質、褐藻エキス、アラニン、グリシン、セリン、グリチルリチン酸2K、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、グリセレス-12、ジグリセリン、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

アクアフォース ローションM

アクアフォースローションM

使用感のポイント

  • さらさらタイプ
  • スッと肌に入っていく
  • つけた後ベタつかないが、しっとり感が残る

 

ゆっさん。
おお、、保湿されてる~!って感じです◎

 

クリア ローション しっとりM

※オルビス公式より参照

特徴的な成分

  • グリチルリチン酸ジカリウム配合:ニキビ・肌荒れ防止薬用成分
  • 紫根エキス配合:肌コンディションを整える整肌成分
  • 浸透型コラーゲン配合:肌にうるおい・ハリを与える保湿成分
  • ハトムギエキス配合:植物性保湿成分
  • ディープデリバリー処方:すぐれた浸透感で成分を届ける処方

 

オルビス ローションのしっとり (M)では、肌のバリア機能を整え、保湿ケアもしっかり対応◎

 

また、アルコールが使用されているため、清涼感が出てさっぱりとつけられるでしょう。

 

しっとりタイプ(M)

【全成分表示】グリチルリチン酸2K 【その他の成分】水、エタノール、BG、グリセリン、ソルビット液、POE(24)POP(24)グリセリルエーテル、シコニン、ヨクイニンエキス、コラーゲン・トリペプチド F、ローズマリーエキス、キサンタンガム、クエン酸Na、クエン酸、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

オルビスクリアローション 使用感

クリア ローションM

使用感のポイント

  • さらさらタイプ
  • スッと肌に入っていく
  • つけた後ベタつかず、さっぱり感が残る

 

ゆっさん。
しっとりタイプの化粧水だけど、使用感としてはさっぱりが強い!

 

保湿液

保湿液の比較結果

 

保湿液の主な成分を比較したところ、化粧水に引き続き保湿成分アルコールの有無に違いがありました。

 

成分比較の結果

アクアフォース クリア
無油分(オイルカット)
無香料
無着色
アルコールフリー
  • さっぱり(L)はアルコール含む
  • しっとり(M)はアルコールフリー
界面活性剤 不使用 不使用
保湿成分
  • うるおいマグネットAQ(水分保持)
  • ピュアアクアエッセンス(角層を整える)
  • 浸透型コラーゲン(ハリを与える)
  • ハトムギエキス

 

成分の共通点は、化粧水と同様、肌の刺激になり得るものが徹底的に排除され、肌に優しいということ。

 

異なる点は、アクアフォースは角層への保湿対策に力を入れており、クリアは肌のバリア機能を整えてニキビ予防のための保湿ケアを行っていること。

 

乙女ちゃん。
保湿と言っても、いろんな目的があるんだね~

 

では、保湿液の使用感をまとめます。

 

実際に使ってみると、着け心地が違いました。

 

使用感比較の結果

アクアフォース クリア
テスクチャ―(質感) ジェルタイプ ジェルタイプ
肌につけた後 かなりしっとり しっとり
肌のうるおいカバー
使用量
異なる点 つけ心地が重め つけ心地が軽め

 

保湿液の共通点は、どちらも透明なジェルタイプで、スーッと伸びが良いところ。

 

少量でもかなり伸びるので、コスパが良さそうです◎

 

ゆっさん。
保湿液の使用感は、どちらも良く伸びるので、気持ちよく使えました!

 

異なる点は、アクアフォースの保湿液はとってもしっとりなつけ心地、クリアはしっとりなつけ心地で、カバー力の違いを感じました。

 

アクアフォースは、うるおいのカバー力が高く、つけ心地も少し重ため。

 

一方、クリアは、アクアフォースに比べるとつけ心地は軽めです。

 

ゆっさん。
どちらも保湿のための実力は十分あると思いますが、特に乾燥で悩まれるならアクアフォースをおすすめ◎

 

アクアフォース モイスチャー しっとりM

※オルビス通販より参照

特徴的な成分

  • うるおいマグネットAQ配合:肌とうるおいを引き寄せてつなぐ保湿成分
  • ピュアアクアエッセンス配合:角層をすこやかに保つ保湿成分
  • グリチルリチン酸ジカリウム配合:肌をすこやかに整える成分
  • うるおいキャプチャーヴェール:空気中のうるおいを引き寄せる処方

 

アクアフォースのモイスチャーしっとり(M)は、化粧水に引き続き抜かりなく十分に保湿ケア

 

こちらも化粧水と同じアルコール不使用のため、肌が敏感な時期でも安心ですね。

 

しっとりタイプ(M)

【全成分表示】水、グリセリン、DPG、ジグリセリン、糖脂質、アラニン、グリシン、セリン、ポリクオタニウム-51、グリチルリチン酸2K、PEG-75、BG、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

アクアフォース モイスチャーM

アクアフォース モイスチャーM

使用感のポイント

  • 伸びの良いジェルタイプ
  • つけ心地はかなりしっとり
  • カバー力はとても強い

 

ゆっさん。
とてもしっとりとした使用感。しっかり保湿したい方向けです!

 

クリア モイスチャー しっとりM

※オルビス通販より参照

特徴的な成分

  • グリチルリチン酸ジカリウム配合:ニキビ・肌荒れ防止薬用成分
  • 紫根エキス配合:肌コンディションを整える整肌成分
  • 浸透型コラーゲン配合:肌にうるおい・ハリを与える保湿成分
  • ハトムギエキス配合:植物性保湿成分
  • ACケアネットシステム:肌を保護・うるおいを保つ処方

 

クリアのモイスチャーしっとり(M)は、ニキビ予防もしつつ、肌のうるおいキープ◎

 

また、保湿液のしっとり(M)のみアルコール不使用なため、こちらも肌に優しいです。

 

しっとりタイプ(M)

【全成分表示】【有効成分】グリチルリチン酸2K 【その他の成分】水、BG、グリセリン、ジグリセリン、シコニン、ヨクイニンエキス、コラーゲン・トリペプチド F、シロキクラゲ多糖体、ヒドロキシエチルセルロース、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液

 

オルビス クリア モイスチャー 使用感

クリア モイスチャーM

使用感のポイント

  • 伸びの良いジェルタイプ
  • つけ心地は軽めのしっとり
  • カバー力はふつう

 

ゆっさん。
つけ心地は軽く、しっとりうるおいをカバー!

 

オルビス アクアフォースとクリアシリーズを比較した結果【要約】

オルビス アクアフォースとクリアシリーズを比較したその結果【要約】

 

アクアフォースとクリアを比較した結果、肌の乾燥やインナードライで悩む方アクアフォース繰り返すニキビに悩む方は、クリアという結論になりました。

 

※オルビス通販より参照

 

アクアフォースは、保湿に特化しているため、特に乾燥やインナードライで悩む方におすすめします。

 

ただし、ニキビ対策に効果的な有効成分が洗顔料・化粧水・保湿液に含まれているため、ニキビ予防も可能

 

ゆっさん。
でも、やっぱりメインは乾燥対策向き!

 

※オルビス通販より参照

 

◎クリアは、ニキビ対策に特化しているため、特に繰り返すニキビで肌荒れに悩む方におすすめします。

 

他のニキビ対策スキンケアの中でも、保湿に力を入れているため、基本的な保湿対策も可能。

 

ゆっさん。
たっぷり保湿よりも、ニキビケアを徹底したいならクリアをおすすめ!

 

もしも、「保湿対策もニキビ対策も両方したい!」という方は、肌悩みの優先順位をから選ぶ方法もあります。

 

わたしの総合的なおすすめ

【肌悩み順位】

2位 ニキビ予防≪≪1位 保湿対策

アクアフォース

2位 保湿対策≪≪1位 ニキビ予防

クリア

 

 

わたしの場合、「ちょっと乾燥も気になるけど、ニキビの方を最優先にどうにかしたい!!!」という感じだったので、クリアのしっとりMを選びました。

 

自分の肌悩みに順位をつけて、選んでみるのも良いかもしれませんね。

 


損しないための購入方法は?

損しないための購入方法は?

 

結局のところ、自分の肌で効果を実感できるかどうかは、最終的に使用してみなければ分かりません

 

そうは言っても、最初から本体を揃えて買うとなかなかお金がかかりますし、肌に合わなかった時の損失は大きいですよね。

 

もしもオルビスを初めて使う方であれば、返品保証も付いているお試しセットで、使い心地をじっくり試すことをおすすめします。

 

ゆっさん。
実は、わたしも初めてオルビスを使ったのは、クリアトライアルセットでした◎

 

ニキビ対策の効果はいかに?!オルビスクリアお試しセットを使った徹底口コミ
繰り返すニキビ効果はいかに?!オルビスクリアお試しセットを使った【徹底口コミ】

続きを見る

 

簡単に、お試しセットの概要をお伝えします◎

 

アクアフォース トライアルセット ¥1,500円(税込)


【通販初回限定】基本のうるおい贅沢体験セット 1,500円(税込)ご購入はこちら
※オルビス通販より参照

\ 1人1セット限り!送料無料/

うるおい対策セット 詳しくは

*定期縛りなし・30日間の返品保証付*

 

化粧水本品丸ごと1本!うるおいケア体験セット

  • ①アクアフォース ローション 180ml化粧水本品(通常価格1,650円
  • ②クレンジングリキッド 4回分
  • ③アクアフォースマイルド ウォッシュ洗顔料 4回分
  • ④アクアフォース モイスチャー 保湿液 4回分

 

アクアフォースでうるおいを体験できるセット¥1,500円(税込)

 

なんと、アクアフォース ローションの本体が丸々1本届きます。

 

化粧水は1本あたり通常価格1,650円なので、プラスαクレンジング・洗顔料・化粧水・保湿液のサンプルが付いてくると考えると、かなりお得ですよね。

 

また、おひとり1セットまでしか購入できないので、継続して購入する必要は一切ありません。

 

お試しセット購入後もしつこい勧誘は一切ないので、安心してくださいね◎

 

詳しくは、オルビス通販でお試しセット購入!その後の勧誘は?|実体験と口コミで徹底まとめ≫で紹介しています。



 

ゆっさん。
オルビス通販初めて利用する方のみ購入対象で、開封後でも30日間の返品保証が付いています◎

 

クリア トライアルセット¥980円(税込)

【初回限定】オルビス クリア トライアルセット

※オルビス通販より参照

\ 1人1セット限り!送料無料/

ニキビ対策セット 詳しくは

*定期縛りなし・30日間の返品保証付*

 

3ステップでニキビ対策!たっぷり3週間セット

  • ①洗顔料クリアウォッシュ
  • ②化粧水クリアローションLorM
  • ③保湿液クリアモイスチャーLorM
  • 付録:ふわふわタオル抗菌加工済み1枚

 

洗顔料・化粧水・保湿液のお試しサイズを3週間じっくり試せて、なんと¥980円(税込)

 

化粧水本体が¥1,650円(税込)なので、控えめに言ってお得なのがわかりますね。

 

気になる効果は、繰り返すニキビ効果はいかに?!オルビスクリアお試しセットを使った【徹底口コミ】≫にて紹介しています。

 



 

ゆっさん。
こちらも、開封後でも30日間返品保証がついているので安心ですよ◎

 

まとめ

 

アクアフォースとクリアを比較した結果、肌の乾燥やインナードライで悩む方アクアフォース繰り返すニキビに悩む方は、クリアという結論になりました。

 

わたしの総合的なおすすめ

【肌悩み順位】

2位 ニキビ予防≪≪1位 保湿対策

アクアフォース

2位 保湿対策≪≪1位 ニキビ予防

クリア

 

「ニキビ対策も、保湿ケアも両方したい!」という方の中には、肌悩みの優先順位があると思います。

 

肌悩みの順位がはっきりしている方であれば、上記のおすすめを参考にしてみてください。

 

「乾燥対策もニキビケアもしたい・・・!」という方は、ニキビ炎症を抑える有効成分も含まれている、アクアフォースをおすすめします。※責任はとれませんが…。

 

自分の肌で効果を実感できるかどうかは、最終的に使用してみる必要があります。まずは、返品保証付きのお試しセットを利用して、じっくり試してみましょう◎

 

ゆっさん。
どちらのお試し版も、数量限定なのでキャンペーン終了前に利用してくださいね!

 

 

あなたの肌悩みに向き合ってくれるスキンケアと出会えますように◎

 

それでは今回はこの辺で!



-ニキビ対策アイテム
-, ,

Copyright © , All Rights Reserved.