【ファンケルとオルビス】人気ニキビ予防スキンケアをお試しセットで正直比較してみた。

ニキビ対策アイテム

【ファンケルとオルビス】人気ニキビラインをお試しセットで徹底比較

※2021年8月6日更新

 

乙女ちゃん。
ファンケルとオルビスのニキビ予防スキンケア、どちらを選ぶべき?両方使ったことがある人の口コミが知りたい!

 

この記事では、ファンケルとオルビスのニキビラインをお試しセットで使い比べた筆者が、使用感などを含めてそれぞれの特徴を詳しくお伝えしていきます。

 

この記事の内容

◎ファンケル・オルビスニキビラインの口コミ

◎それぞれの特徴や違いが分かる

◎【初めての方限定】お得に使い比べる方法

 

先に結論を言うと、「敏感肌の方」にはファンケル、「皮脂が多いor保湿もしたい方」はオルビスをおすすめします。

 

あくまでも筆者の使用感になりますが、ファンケルとオルビスのニキビラインにはそれぞれ特徴や異なる点があるので、しっかりと踏まえたうえで自分の肌に相応しいニキビ対策スキンケアを見つけましょう

 

ゆっさん。
それではいってみようー!

 



▼読みたい項目へご案内▼

ファンケル・オルビスのニキビライン【特徴】を比較

ファンケル・オルビスのニキビライン【特徴】を比較

・ファンケル「アクネケアシリーズ」とは

ファンケル アクネケア

※ファンケル公式HPより参照

 

ファンケルのアクネケアシリーズとは、肌を根本から整えて繰り返すニキビを断ち切る、無添加ニキビケア。

 

ファンケルの特徴

使用満足度:90%(モニター調査)

  • 肌に負担をかけない無添加処方(殺菌剤不使用)
  • 洗浄&保湿でニキビ予防
  • ニキビ跡もアプローチ

 

ニキビができやすい原因の1つ、肌のバリア機能に着目したアクネケアラインで、敏感肌の方でも使える肌ストレスを与えにくい無添加処方です。

 

6つの無添加

  • 防腐剤
  • 香料
  • 合成色素
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • 殺菌剤

※上記6つの成分不使用

 

また、一般的なニキビケア化粧品に含まれるアクネ菌の増殖を抑える「殺菌剤」は、一切不使用。

 

殺菌剤を使うと一時的にニキビが落ち着きますが、バリア機能が低下した肌にとっては刺激となり、さらにニキビができやすくなる原因に。

 

ファンケルでは、今あるニキビをケアするだけでなく、この先も繰り返さないためのニキビ予防ができます。

 

【ファンケル】ニキビ対策スキンケア詳しくは>>

 

・オルビス「クリアシリーズ」とは

※オルビス公式HPより参照

オルビスのクリアシリーズとは、ニキビとたたかう力をサポート&高保湿でうるおいに導くニキビケア。

 

オルビスの特徴

使用満足度:86%(ポーラ化成研究所調べ)

  • バリア機能をキープ
  • オイルカット&保湿たっぷり
  • 選べる2タイプ(さっぱり/しっとり)

 

ニキビケア商品に見落とされがちなうるおい成分をしっかり配合し、ニキビ予防をしつつも乾燥知らずのみずみずしい肌を目指せます。

 

また、アクネ菌が増える要因の1つであるオイルを100%カットしているため、ニキビ肌にも安心。※アクネ菌は油分(オイル)をエサに増殖するため

 

そして、オルビスでは肌タイプに合わせて化粧水・保湿液からさっぱり・しっとりの2つのタイプを選べます。

 

しっとり・さっぱりタイプ

※オルビス公式HPより参照

 

どっちタイプがおすすめ?

さっぱりタイプ:【超脂性肌~普通肌】

しっとりタイプ:【普通肌~乾燥肌】

 

自分の肌状態に合わせてタイプを選択できるのは、かなり嬉しいポイント。

 

ちなみに、さっぱり・しっとりタイプを比較してみた記事は、以下を参考にしてみてください。

 

2タイプを比較レビュー

 

ファンケル・オルビスのニキビライン【価格・コスパ】を比較

ファンケル・オルビスのニキビライン【価格・コスパ】を比較

・価格を比べてみた

ニキビライン ファンケル オルビス
洗顔料 ¥1,540円 ¥1,430円
   化粧水  ¥1,650円 ¥1,650円
乳液(保湿液) ¥1,650円 ¥1,870円

≪2つの価格を比較≫

 

ニキビケアメインのアイテム価格を比べてみると、それほど大きく変わりません。

 

ゆっさん。
次に内容量も比べてみたよ!

 

・内容量を比べてみた

ニキビライン ファンケル オルビス
洗顔料 90g 120g
   化粧水  30ml 180m
乳液(保湿液) 18g 50g

≪2つの内容量を比較表≫

 

内容量を比べてみると、ファンケルの各アイテムの容量目安はおよそ30日分

一方オルビスでは、およそ2か月半~3か月分の内容量となっています。

※あくまで目安

 

・内容量に差があるのはなぜ?

 

同じような価格帯なのに、内容量に差があるのは、防腐剤の有無の違い。

 

ファンケルでは、極力肌に負担をかけないために、防腐剤を一切使っていません。

なので、その分容量を多くすることが難しいのだそう。

 

また、徹底した品質管理にもこだわっているため、開封前のアイテムには必ず中栓がしてあります。

 

ファンケル 中栓

中栓

 

ゆっさん。
一番最初にアイテムの蓋を開けると、必ず栓がしてある!

 

そして未開封・開封後の使用期限についても、目につくところに記載されているので、安全に使うための目安にもなります。

 

ファンケル 開封前後の使用期限

未開封・開封後の使用期限

 

こうした小さな心遣いがあることで、わたしたちが安心して使えるよう工夫されているのだなあと・・・しみじみ。

 

容量に制限があるのは、徹底的にこだわり抜いた証とも言えそうです。

 

・結局コスパが良いのはどっち?

 

同じような価格帯で容量も多く、コスパが良いのはオルビスのクリアシリーズ

 

一般的な化粧品と同じように防腐剤も入っているため、大容量サイズを実現しています。

 

肌との相性が良ければ、1つ1つのアイテムも比較的手の届きやすい価格なので、無理なく続けられそうですよね。

 

【コスパ◎】オルビスクリア詳しくは>>

 

一方ファンケルの方は、オルビスと比べれば少々高く感じるものの、「肌に負担をかけないための無添加」と「こだわり抜いた品質管理」が詰まっていることを知れば、納得のお値段といえます。

 

【こだわり無添加◎】ファンケル 詳しくは>>

 

ファンケル・オルビスのニキビライン【成分・使用感】を比較

ファンケル・オルビスのニキビライン【成分・使用感】を比較

・成分を比べてみた

*ファンケル

配合成分 / 新配合 漢植物エキス / プルーン酵素エキス / 甘草成分誘導体 / 新配合 カンテン / 新配合 アケビアエキス / 新配合 ボタンエキス / イオウ

※ファンケル公式サイトより参照

≪成分のはたらき≫

①漢植物エキス:バリア機能を高める

②プルーン酵素エキス:毛穴詰まりを予防

③甘草成分誘導体:ニキビの炎症を抑える

④カンテン:古い角質を除去

⑤アケビアエキス:ニキビ跡(色素沈着)をケア

⑥ボタンエキス:肌本来の抗菌力へアプローチし、アクネ菌をケア

⑦イオウ:古い角質を除去・殺菌作用も

 

ファンケルでは、4つのアイテムに共通して①漢植物エキス・②プルーン酵素エキス・③甘草成分誘導体を配合。

 

なかでも有効成分の③甘草成分誘導体は、ニキビの炎症や赤みを抑えてくれる抗炎症作用のはたらきがあります。

 

また、ニキビの炎症によってできる悩ましいニキビ跡までもファンケルのニキビラインでケア可能。

 

これだけの成分が豊富に揃っていると、ニキビケアの期待も高まりますね◎

 



*オルビス

オルビス クリア 成分

※オルビス公式HPより参照

≪成分のはたらき≫

①甘草由来エキス:ニキビの炎症を抑える

②ハトムギエキス:乾燥から守り、たっぷり保湿

③紫根エキス:乱れた肌のコンディションを整える

④高保湿成分:浸透型コラーゲンが角層までしっかり保湿

 

オルビスのニキビラインでは、洗顔料・化粧水・保湿液に共通してニキビの炎症や赤みを抑える有効成分グリチルリチン酸ジカリウム(甘草エキス)を配合。

 

また、ハトムギエキスや高保湿成分で、肌の水分を補い、ハリとうるおいに満ちた乾燥知らずの肌へと導きます。

 

オルビスでは、乾燥しやすい従来のニキビラインとは異なり、保湿にも力を入れています◎

 



・使用感を比べてみた

*洗顔料

ニキビライン ファンケル オルビス
泡タイプ 濃密泡 もっちり泡
洗浄力 やさしい やや強
洗いあがり しっとりすべすべ さっぱり爽快
香り 無香料 無香料

≪洗顔料≫

 

①ファンケルの洗顔料は、プルーン酵母エキスで毛穴詰まりを解消&うるおいを守って洗い上げるため、しっとりすべすべ肌に仕上がるのが特徴。

 

ファンケル 洗顔クリーム

写真はお試しサイズ

洗顔クリーム 泡立て

濃密泡

 

使用感◎

実際の使用感は、きめ細かい弾力泡のおかげで、ニキビ肌でもやさしく洗顔できました。

洗顔後はピリつくこともなくしっとり洗いあがるので、感動。ただ、やさしい洗浄力なので、毛穴汚れの落ち度はそこそこに感じました。

 

②オルビスの洗顔料は、皮脂の多い脂性肌でもへたらないバウンドリッチ処方で毛穴詰まりを取り除き、角質層までうるおいを届けられるよう整えてくるのが特徴です。

オルビス クリアウォッシュ

写真はお試しサイズ

アクアフォース マイルドウォッシュ

もっちり泡

 

使用感◎

実際の使用感は、キメの細かいもっちり泡で、毛穴汚れもしっかり取り除いてくれます。

洗顔後は、爽快感の出るメントールで、さっぱりな仕上がりに。好みが分かれるポイントですが、皮脂が多い人には特に気持ちよく使えそうです。

 

*化粧水

ニキビライン ファンケル オルビス
テスクチャー(質感) みずみずしい ややみずみずしい
つけ心地 ・べたつきなし

・さっぱり

・べたつきなし

かなりさっぱり

うるおい度 ふつう ふつう
香り 無香料 無香料

≪化粧水≫

 

①ファンケルの化粧水は、肌の油分と水分のバランスを整え、ニキビの原因である皮脂の過剰分泌を抑えてくれるのが特徴。

 

アクネケア 化粧液

写真はお試しサイズ

アクネケア 化粧液 さらさら

さらさらタイプ

 

使用感◎

実際の使用感は、みずみずしいつけ心地で、ベタつくこともなくサラッとした肌に仕上がります。

殺菌剤も使用していないので、肌荒れで敏感な肌にもやさしく使えました。

 

②オルビスの化粧水は、毛穴の中(角層内)までニキビの炎症を抑える有効成分を届けてくれる、ディープデリバリー処方。

 

ちなみにこの浸透型化粧水は、MAQUIAのみんなベスコス「大人ニキビ部門賞」で2019年下半期1位に選ばれました。

 

オルビス クリア ローション

写真は「しっとりタイプM」お試しサイズ

 

オルビスクリアローション 使用感

しっとりタイプM:みずみずしい

 

使用感◎

実際の使用感は、ファンケルと同様にみずみずしくベタつきませんが、アルコールによるさっぱり感が残ります。

 

*乳液・保湿液

ニキビライン ファンケル オルビス
テスクチャー(質感) 硬めのジェル やわらかめのジェル
つけ心地 ・べたつきなし

さらさら

・べたつきなし

しっとり

肌のカバー力 ふつう ふつう
香り 無香料 無香料

≪乳液・保湿液≫

 

①ファンケルの乳液は、なめらかなジェル乳液で乾燥から肌を守り、バリア機能を高めてくれるのが特徴。

 

アクネケア ジェル乳液

写真はお試しサイズ

アクネケア ジェル乳液 出してみた

硬めのジェルタイプ

 

使用感◎

実際の使用感は、全くベタつかずサラッとした使い心地。

それでも、乳液がしっかり肌を包み混んでくれるので、不思議です。

また、パール1粒分(使用目安)で足りるのか不安でしたが、めちゃくちゃ伸びるので衝撃的な出会いとなりました。

 

②オルビスの保湿液は、0.1ミクロンの細かい網目構造の保水膜“ACケアネットシステム”の高い保湿力によって、乾燥による肌のダメージを保護するのが特徴。

 

オルビス クリアモイスチャー

写真は「しっとりタイプM」お試しサイズ

オルビス クリア モイスチャー 使用感

しっとりタイプM:柔らかめのジェル

 

使用感◎

実際の使用感は、ベタベタしないものの、しっとりと仕上げてくれました。一般的な乳液に比べて、オイル(油分)が入っていないため、重くないつけ心地が良いです。

 

ファンケル・オルビスのニキビラインは「どっちがおすすめ?」

ファンケル・オルビスのニキビラインは「どっちがおすすめ?」

・ニキビの炎症や赤みを抑えてくれるのは?

※ファンケル・オルビスHPより参照

 

ファンケル・オルビスどちらにも抗炎症作用の有効成分が配合されているため、ニキビの赤み・炎症を抑えるはたらきに十分期待できます。

 

また、ニキビのできにくいスキンケア処方であることを意味する、「ノンコメドジェニックテスト済み」表記もあります。※「コメド」とは初期ニキビのことで、「ノンコメド」で初期ニキビができにくいという意味。

 

これは必ずしもニキビができないことを約束したものではありませんが、ニキビ用スキンケアを選ぶなら必須条件。

 

実際に使い比べてみても、繰り返すニキビが徐々に落ち着いていったので、効果はありそうです。

 

・敏感な肌タイプには?

ファンケル アクネケア

※ファンケル公式HPより参照

 

敏感肌の方には、ファンケルのアクネケアを試してみてください。

 

肌ストレスとならないモノを徹底的に排除した無添加処方であり、こだわり抜いた品質管理は敏感肌の方も安心して試すことができます。

 

オルビスもかなりこだわりを感じましたが、全体的な使用感としてもやさしい使い心地だったのは、ファンケルの方がやや上回っているように感じました。

 

・乾燥対策におすすめなのは?

※オルビスHPより参照

乾燥しやすい肌の方には、オルビスのクリアシリーズ(しっとりタイプ)を試してみてください。

 

一般的なニキビケアは、さっぱりとした使用感で保湿力が物足りず、乾燥しやすいイメージでしたが、オルビスのニキビケアは保湿力にも力を入れています。

 

また、しっとりタイプを選ぶことで、乾燥知らずのうるおいに満ちた肌に近づけることでしょう。(超乾燥肌の方は、+αで保湿対策が必要になる場合もあります。)

 

・ニキビ跡まで予防するなら?

ファンケル アクネケア

※ファンケル公式HPより参照

ニキビ跡までケアしたい方には、ファンケルのアクネケアを試してみてください。

 

ファンケルでは、ニキビ跡を予防する効果のある「アケビアエキス」が化粧水とジェル乳液に配合されています。

 

炎症後のニキビ跡は、放置しておくとシミとなって最悪の場合消えなくなることもあるので、普段からの予防ケアが大事になってきますよ。

 

【ファンケル】ニキビ対策スキンケア詳しくは>>

 

・毛穴詰まりを解消してくれるのは?

※オルビスHPより参照

毛穴詰まりを解消したい方は、オルビスのクリアシリーズを試してみてください。

 

実際に使ってみても、洗浄力の強さはオルビスの方がやや上回っているように感じました。

 

ファンケルも悪くないのですが、オルビスに比べてやさしくしっとり洗い上げてくれます。

 

特に皮脂が多く、スッキリ洗顔したい方は、オルビスをおすすめ。

 

【オルビス】ニキビ対策スキンケア詳しくは>>

 

ファンケル・オルビスのニキビラインを「お得に使い比べる方法」

ファンケル・オルビスのニキビラインを「お得に使い比べる方法」

・初めてならお試しセットが良い理由

 

ファンケルまたはオルビスを「初めて使ってみようかな?」という方であれば、まずはお試しセットで使用感などを自分の肌で試してみるのがおすすめ。

 

いきなり本品を買い揃えるとなると、結構なお値段になるし、それでいて肌に合わなかったらめっちゃしんどいです・・・。

 

どうせ買うのなら、自分のお肌との相性や使用感を確かめて、納得した上で購入したいですしね。

 

次の項目では初めての方限定で、本品を買い揃えるよりも安くてお得に試せる方法を紹介します。

 

ゆっさん。
わたしも試した「お試しセット」について比較するよ~!

 

・お試しセットを比べてみた

(スマホ操作:スクロールできます⇒)

ファンケル オルビス
セット内容
  • 洗顔料(約20回分)
  • 化粧水(約1ヵ月)
  • 乳液(約1ヵ月)
  • 部分美容液(5回分)
  • 洗顔料(約3週間)
  • 化粧水(約3週間)
  • 保湿液(約3週間)
特典
  • マイルドクレンジングオイル(10回分)
  • ディープクリア洗顔3粒
  • ディープクレンジングリキッド(約7日分)
  • 今治のふわふわタオル1枚
お試し期間 約1ヵ月 約3週間分
返品保証  無期限 30日以内
お届日数 最短2日 最短翌日
配送料 初めて利用は負担なし 初めて利用は負担なし
価格 税込¥1,600円 税込¥980円

≪お試しセットを比較≫

 

ファンケル・オルビスのお試しセットは「初めての方」限定販売。

 

スキンケアを初めて使う方であれば、ひとり1セット1回限りの特別価格で購入することができます。

 

ファンケル・オルビスお試しセット取り扱いまとめ

購入対象:初めてスキンケアを使う方

購入回数:おひとり1セット1個限り

購入方法:通販でのお取り寄せ

 

また、購入方法は通販のみのお取り寄せ。

注文後、後日郵送にてご自宅に届きます。

 

お試し版が届いた様子

郵送で届いたファンケルお試しセット

 

ゆっさん。
それでは、それぞれのお試しセットを実際の写真付きで見ていこう◎

 

・超太っ腹!豪華なセット◎【ファンケルのお試しセット】

アクネケアトライアル

※お試し当時のセット内容

 

お試しセット価格:税込2,200円 税込¥1,600円

お試し期間:約1ヵ月

セット内容】 

  • アクネケア化粧水(30ml)
  • アクネケアジェル乳液(18g)
  • アクネケア洗顔クリーム(20回分)
  • アクネケアエッセンス(5回分)

プレゼント特典

  • マイルドクレンジングオイル(10回分)
  • ディープクリア洗顔3粒

※2021年8月2日時点のセット内容

 

ファンケルのお試しセットは、化粧水・乳液がたっぷり約1ヵ月間お試しでしきます。

 

本品と同じサイズの化粧水・乳液¥3,300円相当を試せる他、人気のクレンジングや酵素洗顔など超豪華な特典も。

 

また、8月2日より価格改定されたため、さらにお試ししやすい価格になりました。

そして、万が一肌に合わなかった場合でも、無期限返品保証が付いているので、安心して利用できます。

 

【ファンケル】たっぷり1ヵ月試せる無添加アクネケア>>

 

ゆっさん。
本品と同じサイズが試せて、超人気アイテムたちが付いてくるのはマジで太っ腹すぎる・・・!

 

・驚愕!1,000円以下◎【オルビスのお試しセット】

オルビスお試しセット

※お試し当時のセット内容

 

お試しセット:税込¥980円

お試し期間:3週間分

セット内容

  • クリアウォッシュ(20g)
  • クリアローションL or M(40ml)
  • クリアモイスチャー L or M(14g)

プレゼント特典

  • ディープクレンジングリキッド(約7日分)
  • 今治のふわふわタオル1枚

※2021年8月2日時点のセット内容

 

オルビスのお試しセットは、洗顔・化粧水・保湿液の3ステップが約3週間お試しできます。

 

また、毛穴詰まりやメイク汚れを落としてニキビ予防を追求した、ニキビケアクレンジング(約7日分)もプレゼント。

 

3ステップとあわせて使うことで、徹底的なニキビ対策を体験できます。

 

それでいて、値段は¥980円(税込)・・・。

 

1,000円以下で3週間も試せるお試しセットはなかなか出会えないので、衝撃価格です。

 

また、30日以内であれば開封後であっても返品保証が付いているので、こちらも安心して利用できますね。

 

【オルビス】3週間ニキビ対策!お試しセット>>

※オルビスは数量限定販売なので、迷われている方は一度チェックをおすすめします。

 

・どっちを選べばいいか迷った時はどうする?

 

究極に迷ったらファンケル、オルビス、両方お試ししてみるのもありです。

 

自分の肌に合うスキンケアかどうかは使い比べて初めて分かるので、結局筆者は両方買ってそれぞれ試してみました。

 

ゆっさん。
ちなみに、最初はファンケルを1ヵ月、その次にオルビスを試したよ◎

 

8月2日よりファンケルが価格変更したため、お試しセット両方試しても、合計¥2,580円(税込)(※2021年8月2日現時点の合計金額。予告なく価格は変わるのでご注意を)

 

お試しセットでじっくり比較できることを考えれば、決して高すぎる値段ではないと思います。

 

また、選択肢も広がるので、自分に合うスキンケアを見つけやすくなりますよ◎

 

なにより、お試しセットを購入したからといって、本品を買い続けなければいけない縛りも一切ないですし、「自分には合わなかったな~」と思えばすぐに止められます。※使ってみて肌に合わない場合は、すぐに使用を止めましょう。

 

ゆっさん。
わたしがファンケルとオルビスをお試し購入したのも、何かあっても安心して使えると思えたから◎

 

万が一肌に合わなかった場合でも、それぞれ返品保証が付いている“安心感”があるのは大きいですね。

 

ファンケル・オルビスのニキビラインを徹底比較してみた:まとめ

ファンケル・オルビスのニキビラインを徹底比較してみた:まとめ

 

今回は、筆者の実体験よりファンケルとオルビスのニキビラインを徹底的に比較しました。

 

それぞれ特徴や使用感など異なりますが、数あるニキビラインの中でも繰り返すニキビや乱れた肌の状態を整えてくれる、頼れるスキンケアです。

 

ゆっさん。
ただ、どんなに良い商品でも、肌との相性は必ずある・・・!

 

初めて使う方であれば、お試しセットを上手く活用して、まずはじっくり確認してみてくださいね。

 

【ファンケル】敏感肌にも嬉しい!こだわり無添加処方◎

トライアルセットの中身

 

\ 本品と同サイズ&豪華特典が試せる◎ /

【ファンケル】詳しくは

*無期限返品保証付き*

 

 

【オルビス】選べる2タイプ!たっぷり保湿も◎

【初回限定】オルビス クリア トライアルセット 内容

 

\ 送料無料!¥980円(税込) /

【オルビス】詳しくは

*30日間の返品保証付き*

 

※お試しセット内容や価格は予告なく変更・終了する場合があるので、チェックはお早めに~!

 

ゆっさん。
あなたの肌に合うニキビ対策スキンケアが見つかりますよーに!

-ニキビ対策アイテム
-, ,

Copyright © , All Rights Reserved.