【絶対にやってはいけない】ニキビの悪化を招く?!「6つのNG行動」

ニキビの知識

【絶対にやってはいけない】ニキビの悪化を招く?!「6つのNG行動」

 

乙女ちゃん。
ニキビできちゃった~!これ以上悪化させたくないよ!どんなことに気をつければいいかな?

 

ニキビができてしまったら、なるべく悪化させずに鎮めたいですよね・・・!

 

今回は、化粧品検定2級で学んだ知識&筆者の体験談を踏まえて、ニキビを悪化させてしまう「6つのNG行動について紹介。

 

ゆっさん。
実際にわたしも6つを意識したことで、荒れるニキビも減りました◎

 

「少しでもニキビを悪化させたくない!」そんな方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!



ニキビの悪化を招く?!「NG行為」6つ

ニキビの悪化を招く?!「NG行為」6つ

 

ニキビの悪化を招いてしまう「6つのNG行為」はこちら。

 

①ニキビをつぶす

②洗顔を1日に2回以上する

③髪の毛がニキビに触れている

④手で顔を触る

⑤強い刺激を与える

⑥油分が多い化粧品を使う

 

ゆっさん。
一度は聞いたものもあるのでは?NGな理由も詳しく解説します◎

 

①ニキビをつぶす

ニキビをつぶす

 

ニキビをつぶすのは、本当にダメです。

 

理由は、炎症を起こしたニキビを無理やりつぶすと、そこへ雑菌が入り化膿してしまう場合があるから。

 

化膿とは・・・↓

[名](スル)膿 (う) むこと。傷口などから化膿菌が侵入して炎症を起こした状態。「手術後の傷口が化膿する」「化膿止め」

引用:goo辞書「化膿」の意味

 

化膿の様子

参照:くすりと健康の情報局「傷・化膿した傷の原因」より

 

以前のわたしは「ニキビをつぶした方が治り早くなるでしょう?」とぶっちゃけ思っていました。

 

結局、素人のわたしがつぶしたところで、早く治るはずもなく。

 

ゆっさん。
それどころか、つぶしたところからの血は止まらないし、さらに目立っちゃってね・・・。

 

自分で無理やりつぶしてしまうと、最悪雑菌が入って化膿し、治りが遅くなる場合もあります

 

リスクが大きいので、自らつぶしにかかるのは避けましょうね!

 

ゆっさん。
もしもニキビの炎症が酷くなった場合は、自分でつぶさず皮膚科を受診しましょう。

 

②洗顔を1日に2回以上する

洗顔を1日2回以上する

 

ニキビができているからと言って、1日に何回も洗顔するのはNG

 

過剰に洗顔しすぎることで、肌の乾燥を招き、他のニキビを発生させる原因にもなります。

 

乙女ちゃん。
え、そうなの?清潔に保つためにも、何度も洗顔した方が良いと思ってた。

 

確かに、ニキビ予防の基本は洗顔と言われています。

 

しかし何度も洗顔してしまうと、必要な顔の皮脂(油分)水分までも洗い流してしまうので、1日2回(朝と夜)で十分。

 

また、洗顔のポイントは、

 

・肌を直接指で擦らない

・既存のニキビには刺激しない

・洗顔後はしっかり保湿ケア

 

最低この3つは押さえて損なし。

 

ついつい、指に力が入ってゴシゴシ顔を洗ってしまいますが、既にできているニキビを労わるように優しく洗顔しましょう

 

ゆっさん。
ポイントは泡で肌を洗うイメージです◎

 

もしも、洗顔料から保湿ケアまでできる「ニキビ予防専門のスキンケア」を探している方は、以下の人気スキンケアの比較記事も参考までにどうぞ。

 

ニキビ予防にはどっちを選ぶ?ファンケルとオルビス≫≫

 

③髪の毛が触れている

髪の毛がニキビに触れている

 

ニキビが髪の毛に触れると、刺激によって悪化する可能性もあります。

 

乙女ちゃん。
えぇ?!髪の毛が触れただけで??

 

1度というよりも、髪の毛で何度もニキビを擦ってしまうから、ニキビも悪化しやすくなるんじゃないかな?
ゆっさん。

 

まずは、可能な限りニキビに髪の毛が当たらないようにする工夫も必要ですね。

 

ちなみに、わたしは自宅に居るときは前髪を上げて、髪の毛を結んでいます。

 

※イメージ画像

 

乙女ちゃん。
厳戒態勢だね・・・。

 

このスタイルだと、ニキビに髪の毛が触れることもないし、悪化しにくいから結構いいよ!(外には出る勇気はないけど)
ゆっさん。

 

④手で顔を触る

顔を手で触る

 

手で顔を触る癖がある人は、ニキビを悪化させる恐れがあります。

 

乙女ちゃん。
手は見えない雑菌がいっぱい・・?!

 

ついつい自分の顔を触ってしまう方は、手から雑菌が移りニキビが悪化してしまうので要注意です。

 

もしも触れているか自覚症状がない方は、まずは顔を触る癖がないか意識してみることから始めましょう。

 

それでも分からない場合は、同僚や友人、家族などに「顔を触っているかどうか」聞いてみるのも良いですよ!

 

ゆっさん。
顎を触る癖があり、ニキビも悪化。意識するようになってから顎のニキビ荒れも少なくなりました◎

 

⑤強い刺激を与える

強い刺激を与える

 

化粧水をつけるときに「パンパン」と力強くパッティングすると、強い刺激となってニキビを悪化させてしまう原因になります。

 

肌に浸透させようと、思わず手に力が入ってしまうことありますよね。

 

わたしも以前やっていましたが、これではニキビが刺激を受けて進行してしまいます

 

ゆっさん。
化粧水・乳液をつけるときも、ニキビを刺激しないように優しく触れるのが鉄則◎

 

その他にも、

 

・接着力の強いパック

・硬めのスクラブ(角質を落とす)

 

上記のように、ニキビにとって強い刺激となりうるので、悪化させないためにもなるべく使用を控えましょうね。

 

⑥油分が多い化粧品を使う

油分が多い化粧品を使う

 

油性のメイク品など油分が多いアイテムは、ニキビを悪化させる原因になります。

 

油分を多く使われている、リキッドファンデーションやオイル美容液などは、毛穴を塞ぎやすく皮脂が溜まりやすいのです。

 

また、油分をエサとして好むアクネ菌も増殖するため、ニキビが悪化する可能性も高まります。

 

※アクネ菌:ニキビ発生の原因菌の1つ

 

ニキビができたら、控えるアイテム例

・リキッドファンデーション

・オイル美容液

・バーム

 

上記の例のように、ニキビができたときは油分を控えた化粧品を使いましょう。

 

ゆっさん。
化粧水や乳液も、オイルフリー(油性成分不使用)がおすすめ!ニキビ予防スキンケアで有名なオルビスも、オイルフリーなのでチェックしてみてね◎

 



今からでも遅くない!「ニキビ予防スキンケア」を始めよう。

今からでも遅くない!「ニキビ予防スキンケア」を始めよう。

 

一度できてしまうと治すのに時間がかかってしまうのが、ニキビの悪いところ。

 

日頃の生活習慣を見直す&ニキビ予防スキンケアを徹底して、これ以上増やさない・悪化させない対策をしましょう!

 

ゆっさん。
今回はニキビ対策の基礎となる人気スキンケア2つを紹介。どちらも実際に使ったものです◎

 

①肌にとって良いものだけを追求し、生まれた無添加≪ファンケル≫

ファンケル アクネケア

参照:ファンケル公式より

ファンケルの特徴は、その場限りのニキビケアではなく、肌の根本から整えるニキビ予防スキンケア

 

敏感な肌の方でも安心して利用できるよう、肌ストレスの原因になるものは一切不使用。

 

無添加ファンケルで使っていない例

  • 殺菌剤✕
  • 防腐剤✕
  • 香料
  • 石油系界面活性剤✕

・・・などなど。

 

ファンケルのこだわりは厳選成分のほかにも、徹底された品質管理がすごいのです。

 

気になる商品のこだわりや使用感などについて、以下の公式サイトまたはレビュー記事を参考にしてみてくださいね!

 

 

ゆっさん。
実際に使ってみましたが、ニキビができにくくなっただけでなく、肌の調子も良くなりました◎

 

100%オイルカットでニキビ予防&保湿ケア≪オルビス≫

参照:オルビス公式より

オルビスの特徴は、うるつやな肌を目指すために生まれた「アクネ菌が増える原因の1つ油性成分を100%カット」&「角層までうるおいを届ける保湿処方」。

 

また、化粧水・保湿液(乳液と役割は同じ)はしっとりタイプさっぱりタイプからで、自分の肌状態に合わせて選べます。

 

肌タイプで選ぶしっとりとさっぱり

参照:オルビス公式より

 

ちなみにわたしは乾燥よりの普通肌ですが、「しっとりタイプ」を使いました◎

 

気になる使用感や成分については、以下の公式サイトまたはレビュー記事を参考にしてみてくださいね!

 

 

ゆっさん。
油分を一切使っていないので、「しっとりタイプ」でも肌へのつけ心地が軽くて好みです!

 

6つのNG行動を意識して、ニキビの悪化を防ごう:まとめ

 

ニキビはちょっとした刺激で、簡単に悪化します。

 

今回紹介した6つのNG行為を心得て、なるべく刺激を与えないようにしましょう。

 

ニキビを悪化させてしまう「6つのNG行為」

①ニキビをつぶす

②洗顔を1日に2回以上する

③髪の毛がニキビに触れている

④手で顔を触る

⑤強い刺激を与える

⑥油分が多い化粧品を使う

 

ゆっさん。
意識して過ごすだけで悪化するニキビもかなり減りました。試す価値は大いにありますよ◎

 

ニキビは簡単にある日突然できますが、治るまでに時間がかかってしまいます。

 

これ以上増やさない悪化させないためにも、日頃の生活習慣を見直しつつ、ニキビ予防スキンケアを徹底することが大事。

 

もしもニキビ予防スキンケアがどんなものか気になる方は、今回紹介したファンケルとオルビスの使用感・効果の比較記事も参考にしてみてくださいね。

 

【ファンケルとオルビス】人気ニキビ予防スキンケアをお試しセットで正直比較してみた。
【ファンケルとオルビス】人気ニキビ予防スキンケアをお試しセットで正直比較してみた。

続きを見る

 

ゆっさん。
ニキビに振り回されない健やかな肌を、一緒に目指しましょう!



-ニキビの知識
-

Copyright © , All Rights Reserved.